MENU

BLOG

景色

2021/02/25

登山

瀞川山スノーシューハイク M's編 2021/01/31


どうも店長の市村です。
1月31日になりますが!女子に負けず男だらけのスノーシューハイクを楽しんで来ましたよ~

場所は兵庫県北部「瀞川山」
なかなかこの場所は穴場で、決して多くの人が歩きに来る事も無く、雪で覆われた山一帯が楽しめる楽しいエリアです。





今回はスノーシューが初めて!な参加者さんにお声がけし、タップリと雪山の楽しさを体験して頂きました!
スタートは木の殿堂付近からスタートし、森を散策しながら山のピークへと向かいます。
穴場とはいえ数日前の方のトレースが残っており、トレース通りに歩くのもつまらないので途中からトレースから外れ
各自各々に足跡を付けながら楽しく歩く事に!




誰も歩いた後がないルートで楽しんでもらう為、スノーシューの限界を体感できる急登へ突入!
決して雪深い新雪の状況とはいきませんでしたが、みんなスノーシューでも沈む足に苦戦しながらも急登が楽しい!








それぞれが思うまま!攻めるように急登を楽しみ、転倒しながらでも笑顔は絶えない










皆さん初のスノーシューでしたので、今回は瀞川山のピークには行かず、
手前の小ピークにて食事の準備。




ここの小ピークは北側の景色が楽しめる開けたピークで360°パノラマとはいきませんが、
静かでお気に入りポイント

今回のメンバーは僕を含めると7人と多く、時期が時期だけに、大きめのテーブル作りをしていきます。
テーブルを安定させる為にみんなで踏み固めていきます。




ある程度踏み固めると、テーブルの切り抜きをしていきます。
トレッキングポールを使い、テーブルの両端を決定しマーキングしておきます。
ポールからポールへとスノーソーでカットしていきます!コレが真っすぐ切れず大笑い!







テーブルとイスとなる間をスノーソーでカットし、ショベルでかき出すと!こうなる。
雪山には椅子は必要なし!現地で作るべし!





それぞれ好みの食事を楽しむ!
個人個人準備した食材も様々。楽しむ料理も様々ですが、やはり鍋系が人気の冬








食事中に話してた中で、お客様から雪洞についての質問があり、せっかくショベルもスノーソーも時間もあるので
食後の運動は雪洞掘り体験!


もちろん避難用の雪洞であればこのようなスタイルにはなりませんが、
今回はお遊びでの雪掘りなので出入口は大きめに(笑)




やはり兵庫の雪の深さはそこまでなく、本来掘るべき方角の斜面ではなく食事後の近場でおこなったので
地面は出てくるしちょっとしか入る事はできませんでした。











ただ寝転ぶくらいはできましたとさ!





雪洞掘りの後は斜面を滑って楽しみ
大人の遊びは尽きず(笑)





お客さんの一人が極狭竪穴式住居も作ってました(笑)


発掘されたクレオパトラちゃいますよ(笑)






楽しい時間はあっという間に過ぎ下山はみんなで爆走!




もちろん楽し過ぎて写真は無し!
徐々に西日に変わりだしてきた青空はとてもキレイでシルエットがカッコイイ




今回は初のスノーシューハイク体験でしたので、距離も短く登山をされてる方であれば楽しめるように考え
ここのポイントで楽しんでもらいましたが、今回他のルートでも楽しんでみたいって声も頂き
緊急事態宣言が解除されれば他のエリアもご案内できるように準備したいと思います。

やっぱり雪は楽しいって再確認できる1日でした。
参加された方々!ありがとうございました。

次回もどこかで楽しみましょう!
お疲れ様でした!







RECOMMEND

あなたにオススメ